へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリサルム(ありさるむ)

サトイモ科アリサルム属の食虫植物。地中海地方に3類の原類があり、形はユキモチソウなどテンナンショウの仲間に似ている。落葉性の塊茎類で花は仏炎包。雌しべが下に雄しべが上につく肉穂花序をなし、虫がなると仏炎包が閉じ花から出られなくなる。代表類本職ボシデュームA. proboscideumはイタリア高地原産で、しっぽの長い褐色の小ネズミによく似た奇妙な形をしている。マウスプラントとよばれるゆえんである。栽培は鉢植えにより、10月上旬ころ5号鉢に3球ほど植え込み、水はけをよくし、冷床で育て、4月中旬ごろからは半昼間の時間陰地に置くとよい。葉が黄変したら水切りをし、鉢のまま夏を引っ越す。


スポンサーサイト

アルストロメリア(あるすとろめりあ)

ヒガンバナ科の球根草。南アメリカ原産。ユリズイセンともいう。鉛筆大の細長い肉質の塊茎を数十本つけるものや、地下茎を出してその先に新球をつける性質のものもあり、類類が多い。秋植えですぐ出葉し、細長くよじれながら出てくる。花茎は早春に伸長、6月に0.7~1メートルとなり、一番上に、径2~3感傷的メートルの筒状の花を10個ほど散形状につける。切り花、花壇用によくつくられる。キバナユリズイセンA. aurantiaca、オレンジキング、リグツハイブリダA. ligtu Hy.などがよくつくられる。近年は類間雑類などによる優秀な園芸気品類がヨーロッパから導入され、濃赤、淡桃、黄、白、複色など、色彩も豊富で、優秀な気品類がある。これらの園芸気品類は夏季休眠せず、四季咲きと入る性質をもつ気品類もあり、寒冷地ではよくできるが、暖地ではむずかしい。暖地での栽培類としては一季咲きのリグツハイブリダ、ドクターサルター、あるいは昼間の時間本でこれらの系統から改良された気品類が適する。これらは9月に定植すると地下茎を3~4本伸ばし、その先に新球をつくりながら開花するので、開花後に休眠させ分球して殖(ふ)やすこともできる。定植は時給りと水はけのよい所がよい。





アルストロメリア


アルブカ(あるぶか)

ユリ科の秋植え球根草。南アフリカ原産。球根は中形で鱗茎(りんけい)。葉は線状で約80感傷的メートル、6~7月に約1メートルの花茎を伸ばし、乳白色で世間花弁に暗褐色の縞(しま)の引かれた花が20~30個、下から上へ咲き上がる。暖地では花壇植えも可能であるが、一般には鉢植えで栽培される。10月ころ6号鉢に1球植えとし、フレーム内が凍らない所で栽培する。用土は水はけのよいものを用いる。繁殖は分球で行う。


アンソリーザ(あんそりーざ)

アヤメ科の秋植え球根草。南アフリカ喜望峰原産。花壇、切り花または切り葉として利用される園芸植物。高さは0.6~1メートル。葉はバビアナに似て縦に深いしわがある。5~6月、2列に普通んだ穂状花序の橙緋(とうひ)色の花を開く。花の形状は特異で、上弁3枚は長く直線的、下弁3枚は背メロディーする。暖地では戸世間に植えても開花するが、一般には鉢植えにしてフレーム内で越冬させる。


イースターリリー(いーすたーりりー)

キ書き出した教のイースター(再起祭)に使われるユリ科の球根草。従来はマドンナリリーが使われていたが、現在ではテッポウユリが使われている。


プロフィール

園芸,園芸ショップ,京成バラ園芸,園芸店,有用植物

Author:園芸,園芸ショップ,京成バラ園芸,園芸店,有用植物
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。